Airbnb 初期費用はどの位かかるのか

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する


スポンサーリンク




おはようございます。井上です。

 

なんか、Airbnbが結構儲かるらしいぞ!

ということが認知され始めたようですね。

このブログを訪問されるかたが、
徐々に増えています。

 

物凄く、注目の高いビジネスなのですが、
インフォビジネスなどと比べると、
やはり、誰でも簡単に参入できるものでは
なかったりします。

 

理由は、始めるのに、
それなりに手間とお金と時間がかかるからです。

 

準備段階でのキャッシュアウトが
めちゃめちゃ多いんです。

 

例えば、

部屋を借りるのに必要なものはこんな感じです。

・お金(敷金、礼金、保証料、火災保険料、仲介手数料、前家賃)
・保証人、保証人の印鑑証明、自分の住民票

お金の部分ですが、通常賃貸で借りる場合は、
最近は敷礼ゼロゼロの物件も多いのですが、
Airbnbでの利用の場合は、ほぼほぼ礼金が必要になります。

なんとなく最近の情勢をみていると、
敷ゼロ、礼3くらいのイメージですかね。

なので、例えば10万円の家賃の部屋を借りようとすると

敷金:0円
礼金:30万円
保証料:4万円
火災保険:4万円
仲介手数料:10万円
前家賃:10万円

合計58万円ほど、
部屋を借りるのにかかってしまうんです。

しかも、この額が現金で必要なんですよ!

この時点で戦意喪失の方も多いような気がします。

 

で、上記金額は単に部屋を借りるだけ!
の費用なので、これとは別に、
ゲストを迎え入れるために、家電、家具、備品などを
用意しないといけません。

その費用もいい感じでかかってしまいます。

しかも、収容人数分必要になってくるので、
独り暮らしの住まい立ち上げよりも
確実に費用がかかります。

ちなみに、井上は最初の部屋ですが、
いろいろ試行錯誤しながら進めたので、
無駄も多かったと思いますが、

5名収容の部屋で、
ザックリ20万円ほどかかりました!

ただ、このコストに関しては、
クレジットカードを使って調達するので、
支払いサイトを上手く利用すれば、
その後発生する、売上で支払うことも可能です。

 

と言う感じで、
1軒立ち上げるにに80万円近くかかります。

 

で、上記のコストは、
事前準備(部屋のセッティング)は自力で行うパターンなので、
それを、外部の方にお願いするとなると、
別途費用が掛かる訳です。

となると、
ザックリ100万円くらい必要な訳なんですよね。

 

マジか、益々腰が引けてしまいますよね。

 

なので、
結構、儲かるって聞いて、
始めようと思う方も多いと思いますが、
実は、初期費用が意外にかかってしまうんですよね。

ただ、実際、
事前のリサーチをきっちり行って、
出せば、月10万円くらいの利益は確保できるので、
10か月でほぼほぼ投資回収が完了し、
その後は、全額利益になる訳ですから、
普通の不動産投資よりもリスクは少ないですよね。

EXITも容易だし・・・・

 

もし、駅近に、
投資用のワンルームマンションを持っているなら、
思い切って、Airbnbに切り替えた方が、
収益性は格段に向上しますね。

 

あっ、Airbnb関連の話をもっと知りたい!
って方は、遠慮なくご連絡をくださいね。

下記お問合せフォームからお願いします。

https://hikiyose.t03imd.info/?page_id=962

スポンサーリンク

副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください